マンションの規模は大きい方が良い?

9月 18th, 2014

分譲マンションにも、世帯数がそれほど多くない建物もあれば、複数の間取りの物件が入っていて、結婚したばかりのカップルから子供がいる家族連れまで生活できるような大規模な建物などもあります。
どちらの方が、住み心地が良いのでしょうか?規模が小さなマンションなら、プライバシーも守られそうですし、ご近所づきあいのトラブルに巻き込まれるリスクも少なくて済みそうです。

小規模な建物なら、生活するうちに住人同士が顔見知りになることが多く、外部からの侵入者に気づきやすいというメリットもあります。
しかし、子供がいる家庭や、これから子供を作ろうと思っているカップルなどは、できるだけ大規模なマンションを選んだほうが、長期的に満足度が高くなるようです。

それは、規模の大きな建物には、子供のいる世帯も多く入居している確率が高いため、子供同士で友達を作ったり、一緒に学校へ登下校したりしやすい環境となるからです。
子供の友達が同じマンションの中に住んでいれば、ちょっと遊びの約束をする場合でも親にとっては送迎の手間がかからないので楽ですし、天気が悪い時でも子供が暇になってしまうことも避けられそうですね。

また、大規模なマンションは、周辺エリアのランドマーク的な存在になることも少なくありません。
地域のランドマーク的な存在になれば、それがブランド力を生み出してくれるため、築年数が経っても資産価値が目減りしにくくなるというメリットもあります。

そして、そのブランド力によって、物件を売却する場合でも買い手がつきやすくなるというメリットがあります。
どこにあるかわからないような小規模なマンションでは、内装に圧倒的な自信がない限りは、大規模な物件よりも売却しにくいというデメリットがあります。

投資用マンションになっている?

10月 28th, 2014

投資用マンションになっている?
結婚前に購入したマンションを現在、第三者に貸し出しています。
管理会社を仲介しての貸し出しですので、私はただ「物を貸しているだけ」という状態です。
ですから、清掃や修繕やなんやという賃貸契約に際して必要な細かい作業は、すべて管理会社にお願いしています。
その代わりに、委託金的なものを支払っているのですが、このお金がそこそこに高いのですよね。
かといって、ただ空き部屋にしておくのは、部屋が廃れてしまいますし、人が入っていないと通気が悪くなるので、カビてくると聞きました。
ですからそのような事情もあって、第三者に貸し出すことにしたのです。
それに空き部屋にしておいても固定資産税がかかりますからね。
「年間の固定資産税だけでも賄えればいいやー」との思いもあって、管理貸し出し諸々の必要な作業をすべて外の会社にお願いしたのです。
肝心のマンションを貸し出したことによる儲けについてですが、本当に固定資産税ぐらいを賄うぐらいしか上がりがありません。
なおかつ、マンションですから、評価額はいっこうに下がらず、固定資産税も変わらないままですしね。
でもまあ、空き部屋にしておくよりは良いでしょう。

騒音でお悩みならマンション暮らしがおすすめ

9月 30th, 2014

騒音でお悩みならマンション暮らしがおすすめ
私は今までに色々な家に住んできました。
最初は団地でしたが、次に暮らしたのがマンションでした。
家族みんなで暮らしたので狭いマンションではなく、とても広いマンションだったので防音も抜群で、それまで住んでいた団地との違いに本気で驚きました。
また、アパートでも暮らした事がありますが、広いマンションでの暮らしとは随分大きな差がありました。
広いマンションで暮らすメリットには何があるかというと、とにかく隣の人や上の人からの音がしないという事です。
アパートや団地に住んでいた頃は、上の人が部屋で駆けまわったりジャンプしたりすれば凄い騒音となって眠れなくなりましたが、マンションでは一切そのような音が聞こえたことがありませんでした。
マンションに暮らしていて唯一音がうるさいな、と思ったのは、窓を開けている時に入ってくる音です。
他のお宅も窓をあけていて、大音量で窓際で音楽を聞いているようなケースだけは音がきになることがありますが、そんな事は1度しかありませんでした。
なので、近隣住民の騒音にお悩みならマンションを選ぶ事をおすすめします。

新築マンションの販売でモデルルームの人模様。

9月 5th, 2014

新築マンションの販売でモデルルームの人模様。
新築マンションのモデルルーム受付をしていると、色んなお客様に出会えます。
私自身は、直接に接客することはないのですが、アンケート記入して貰って回収をする仕事をしていました。
なので、どんな人が来店しているのか、表面上ですが、知ることになります。
職業「小説家」とか書いてあったりして「本当か?本当に小説家なのか?」なんてひとりで悶々と思っていたりしてます。
大抵、営業さんは、たくさんの来店があった場合は、本気で購入を考えているお客様へと接客に行くので、その為にさらりとアンケートを確認するんです。
本当かどうかは謎として、頭金がマンションの金額を軽く超えている方がいたり、貯金ゼロとか。
近所なので見学に来ましたって方から様々です。
赤ちゃんがいるとベビーシッターさんが見てくれたりするんですけれど、私も、抱っこしたり一緒に保育を担当したりして楽しいです。
ちなみに、モデルルームは、実際よりもほんの少し小さい家具を並べて広く見せるという、視覚トリックを使っています。
あと、ふすまとか仕切りをわざと外して空間を広く見せています。
まぁ、結構有名な話ですよね。

住宅ローンは固定金利か変動金利か

8月 10th, 2014

住宅ローンは固定金利か変動金利か
マンションや一戸建てを購入するときに一番気を付けなければならないポイントはローンの金利です。
家賃を毎月払い続けるのもローンを毎月払い続けるのも同じと考えて住宅ローンを組んで不動産物件を購入される方がおられますが、これは現在の超低金利を前提としているということに注意しなければいけません。
住宅ローンの金利は安いほうを選ぶと変動金利となります。
この先日本の景気が回復していくと、これまで金融緩和をしていた反動で金融引締めをしなければいけません。
そのときには金利が現在に比べて大幅に引き上げられてしまうことが確実であり、現在の金利を元にしたシミュレーションは確実に破綻することになります。
そのため、計算上は現在の金利ではかなり損ですが固定金利を選ぶことをおすすめします。
アベノミクス前のようにどこまでも不況が続くような経済状況ならともかく、現在は政府が積極的に円安誘導と金融緩和を行っているので、将来的に金利が大きく引き上げられる可能性が出てきたからです。